電子水の効果・効能

電子水生成器で生成された電子水と水素水はどこが違うの?

2017年07月07日 18時44分

良く似た商品と思いますが、違いを整理しておきましょう。
 
まずは「水素水」です。こちらは活性水素が含まれた水。
活性酸素を除去できますから、病気や老化の原因リスクを回避できます。
しかし、水素水はウイークポイントもあります。
 
熱に弱いところです。水素水を加熱すると水素と酸素が結合してしまいます。
ただの水に変わってしまいますから熱には注意してください。
 
次に「電子水」です。
こちらは、電波の作用によってマイナスイオン(マイナスの電子)を供給した水。
物質に不足してしまった電子を補うことができます。水素水と同じですが、活性酸素を除去できます。
 
電子水は水の分子が細かくなります。
本来、水に含まれているカルシウムも体に吸収しやすくなるのもメリットです。
人間の体と同じ、弱アルカリ性のお水ですから健康になります。
 
酸化によってマイナス部分が削減されることが大きなところでしょう。
皮膚にある悪玉菌の発生を抑えることができますから、脇の下やデリケートゾーンなどの体臭が少なくなります。
 
電子水を利用することで、果物や野菜が劣化しにくくなります。
本来の味を楽しめて美味しくいただけます。
電子水生成器で生成された電子水をお風呂に入れるとスキンケア効果が期待できます。
お肌がツルツルになり、アンチエイジング対策としても有効です。
 
ゴミの臭いが気になるならば電子水を振りかけていましょう。嫌な臭いがしなくなります。
生花の切り株の劣化も抑制できるのも、うれしいポイントです。